ミネラルファンデーションについて

お得なミネラルファンデーション

無添加が嬉しいミネラルファンデーションですが、人気の秘密はそれだけではないようです。

ファンデーションですから、顔全体の印象を決め、お化粧の下地となるのは当たり前ですが、日焼け止め効果もあるし、シミやシワを隠すコンシーラーの役目も果たします。

ということは、忙しくていろいろやれない朝でも、ミネラルファンデーション一つ塗っておけば、OKということです。

敏感な肌の人はもちろん、化粧を始めたばかりの若い女の子から、シワの気になる中年女性、朝に余裕のない家庭の主婦まで、誰にでもありがたい商品ということです。

これだけ便利だと、「でも、お高いんでしょ?

」と尋ねたくなるところですが、だいたい平均すれば3,000円程度でしょうか。

ただし、ミネラルファンデーションの規制はまだ厳しくないので、中には天然素材以外の成分が含まれているものもあって、注意が必要です。

便利だからと安易に飛びつかず、買うときには成分表などをしっかりチェックして、自分に合ったものを選びたいですね。

経済的に使いたいのなら、詰め替えできるものがおススメです。

ミネラルファンデーションはパウダータイプですから、入れるためのケースと、塗るためのブラシがあれば、製品は詰め替えでいいわけです。

初買いのときに、ケースの大きさやデザイン、ブラシの形状や使いやすさ、詰め替え用商品の値段などを総合的に判断するようにしましょう。

化粧直しのために普段から持ち歩くということもありますから、携帯しやすいことはもちろんですが、自分が使うお洒落な小物として考え、好みのデザインを探してみてください。

ケースの見た目で購入を決める人も多いのだそうで、メーカーもその辺は凝っているみたいですよ。

ミネラルファンデーションにはブラシのほうもけっこう重要で、ファンデのノリも変わってきます。

パウダー特有の化粧中の粉っぽさは同じなので、塗りやすさも大事。

お店で実際に肌に当ててみて、具合を知ってから決めましょう。

肌触りが気に入らないと、せっかくのお化粧もイライラが募って、よくありません。

ミネラルファンデーションは抵抗がある?

新商品というものは、試してみたいと思う反面、慣れないものを使うのは面倒だし、億劫だし、自分に合うかもわからないし、臆病になってしまうものです。

「天然」という言葉に人は弱いので、それを売りにしている商品は実に多いのですが、どこか胡散臭いようなものも少なくないのが現実です。

ミネラルファンデーションも、天然が売りです。

使い方にはちょっとコツもあるので、いささか敷居の高いようなイメージもあって、買うのを躊躇うこともあるでしょう。

コツと言っても、基本はパウダーをブラシで馴染ませるだけなので、そのやり方くらいです。

ミネラルファンデーション用のブラシは、用途によって何種類かあります。

やりたいことのブラシを使えばいいだけです。

パウダーをブラシに馴染ませます。

けっこうグリグリとやったほうが、粉がブラシの毛全体に平均的につきますから、広げやすくなります。

顔の中心から外側に向かって、クルクル回すようにブラシを動かします。

簡単ですね。

それでも無理な人は、パフでもやれますよ。